<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

知能テスト研修1日目。

今日は午前は普通出勤。 
午後は「WISK-Ⅲ」という5歳から17歳向けの知能検査の研修に参加した。 
 
私はそれの大人版「WAIS-R」を自分自身の発達障害の検査で受けてる。 
なので、二重に興味深い。 
こんな風に、検査官側は手順から、答えたときの点数の入れ方から、観察の仕方から、記録の仕方からみんな決まっててんなぁって知った。 
途中から実習で大にぎわい。
会場がめちゃうるさく、私のグループの発問の声が聞こえヘンゾ。(・-・;) 
 
この検査で、講師の先生が「知的障害があって、単に全体的に知能が低い場合など、この検査をしてもしんどいだけでしょうがない。発達障害は、各検査項目の差が激しく、でこぼこの折れ線グラフになる。それを見て参考にし、今後に生かしていくためにする」って。 
まさしく、私の知能テストもでこぼこで、そうやったなあ。 
 
私の検査の日と結果の日を思い出した。 
先生から、そのでこぼこの結果を見せられ、説明を受け、ADHDだと診断を下された。 
後日になるわけやけど、こうして研修を受けて中身や読み取り方を知れるのはラッキーやと思う。 
今日は言語性のテストの実技。 
明日は動作性の方らしい。 
ちょっとでも、役に立ちたいな。

会場では、いつも通り、一番前のかぶりつきの席。
一緒に参加した同じ学校の方達は、当然のようにもっと後ろの目立たない無難な席。
こういうことはしょっちゅうなんで、気にせず私だけ「前行くね~」と外れた。
が、困ったことが起きた。
一番前で集中できるように、邪魔が入らんように、気が散らんように最前列に行ってたのに、途中から長机2つずつ合わせてグループ作りがあった。
すると、私の席は後ろの机と合体され、その2本の机を取り囲むように5~6人が座る。
つまり、私は前からしたらま後ろを向かされたことになる。
実習して、前のスクリーン見ての解説があり、また実習しての繰り返し。
実習の時は机の道具を見なあかんから後ろを向き、解説が始まったら真後ろ(つまり前)を振り返って聴かんとあかん。
私は完全に困ってしもた。
逆さまから見ても話は半分以下しか入っていかへん。(苦笑)
参ったなあ。
明日は2列目に座るしかないかな。(偶数机の者は前を向いたままで参加できることになるから)
 #意味わかるかな~?(^^; 
終わったら、へとへと~でした。
[PR]
by sakifoo | 2006-07-31 23:19 | 研修

子どもの実態交流会。(追記あり)

今日は、朝から午後まで延べ5時間ぐらい、子どもの実態交流会があった。
これは各学年、各クラスから、配慮を要する児童について担任が報告し、学校全体で共通した認識を持ち、指導に当たろうというもの。
毎学期普段もあるねんけど、夏休みは時間がたっぷりあるんで、話し合いやすい。
今日は、中学校区担当のスクールカウンセラーの方を講師に迎えてってことやった。

私はPCを使っての記録係。
聞き取りの苦手な私にとって、記録係は、たとえPCでとはいえ、相当気を遣う。
もう終わり頃には限界が来てて、大きな伸びを連発したり、ひんしゅくをかいかけ。
それでも、5時間も集中してキーをたたき続けた。
がんばった。

各子ども達の話を聞いていると、かなりの確率で、発達障害を持っていそうな例が続出。
一番問題になるのは、私もその質問を出してんけど、保護者にどう認めてもらうか、ということ。
どれだけこちらが、してあげたくても、保護者に拒否されてしまうと、そこからどう進めていいのか、ほんとに困ってしまう。

ちょっと今は眠いんで、集中して文を書けへんから、これだけ。
また頭が働いてる時に、追記しますね。
--------------------------------------------------
いつまでたっても、頭が働いた状態にならへんねんけど、これ以上延ばしたら、ますます忘れてしまうんで、追記します。(7/30 23:40)

さすがに今時のスクールカウンセラーの先生は、発達障害の勉強もしておられ、資料も3枚くださった。
本の紹介もあるが、私も先生に本の紹介したよ。
(以前書いてた2冊「あなたがあなたにであるために」「どう関わる?思春期・青年期のアスペルガー障害」)
興味深そうに、昼休みまで読んでくれたはってよかったわ。

それぞれの担任が報告しゃはるとき、どの方も一生懸命やねんけど、時々言葉で引っかかることもある。
それは当事者ならではかもしれへん。
パニック時のクールダウンの時、その部屋に連れて行くのを「引っ張って行く」って表現しゃはったり。
たしかに、すごい状態になってる子を連れて行くときの状態は、正に「引っ張って行く」わけやけど、それでも、当事者の立場としては、その表現は悲しいな。

終わってから、養護学級担任の先生が、人権部(職員の約半数)の先生を呼び集め、「saki♪さんが自分自身のアスペルガー症候群とADHDの体験を通して、指導に役立てて欲しいとのことで、子どもの頃のことなど話してもらう機会を取りたいと思うんですが」って伝えてくれはった。
反応は、???の方もおられれば、うんうんとうなずいてはる方も。
戸惑って、どういう表情したらええのかわからんような方もあったかも。
これでもう後へ引けんようになったゾ!(^-^;)

でも、うれしかったんは、それだけでも、初めて知った職員の一人が声かけてくれはって、「全然知らんかったわ。何か気を付けることとかあったら言うてね」って言うてくれはった。
今日の時点でそういう反応が返ってくるとは全く思ってへんかったんで、驚くと同時にありがたかった。
一人でもそういう方があったのが、とてもありがたいことやと思う。
感謝やね。(^^)

その後、例の保護者が養担に相談にきゃはる。
私はいつ呼ばれてもええように待機。
すごい暑い職員室で、汗をだらだら流して、目まいクラクラしながらひたすらドキドキ待つ。
1時間後、養担二人が気楽な感じで戻ってきゃはる。
「大丈夫やったよ」って。
内容も聞いて、とりあえずほっとする。
私の言うた言葉が悪かったとか、そういうんじゃなかったらしい。
ほんまにほっとしたわ。

まあ、大きな肩の荷が一つ下りたかな。
まだまだ、いっぱい考えたり、悩まんなんことは山積みやけど、今日は感謝で仕事を終える。
また、次をがんばらななぁ。
[PR]
by sakifoo | 2006-07-29 00:53 | 仕事

イスの足カバー。

職員作業で、音消しのためのイスの足カバーを作った。
どこかのテニススクールから、超大量のいらなくなったテニスボールを学校がもらわはったらしい。
で、利用法はないものかと考え、教室のイスの足カバーにすることになった。
で、今回は1年の教室から順番に取り付けてもらえることに。
私は1年担任やから、私のクラスが1番につけることになる。
やったー!
なんせ、聴覚過敏がある私にとって、雨の日のイスのぎ~~~~!!!ぎこ~~~~って音はホンマにきつく、ついつい子ども達に小言を言うか、不機嫌になってしまうかやってん。
晴れの日でも音は鳴るけど、雨の日は床の滑りが悪いからよけいうるさいねん。

私は切り出し小刀でテニスボールに十文字に切れ目を入れる係。
それが、全然切れ辺ナイフやねん。
ほんとは研いだらよう切れるようになるんやろうけど、金属があかん私は、研ぐなんてとんでもない。
仕方なく、切れへんナイフを力任せに何百個も切っていった。
なんせ、ある夏救急病院に駆け込んで何針も縫う切り傷を3回も連続で負ってる私やから、ものすごい怖いし、緊張する。
でも、音の緩和のため~っとがんばる!

できた~。(画像参照)
9月からが楽しみやなあ。
効果があるかな?
取り外して投げ合いとかせんやろうなあ。f(^_^)ぽりぽり 
怪しそうやでぇ。(笑)

今日の暑さは半端やなかった。
マジ、死ぬかと思ったわぁ。
一体何度あってんやろ??
b0092740_04208.jpg
b0092740_043745.jpg

saki♪のへんてこ日記
saki♪のへんてこ物語
[PR]
by sakifoo | 2006-07-27 00:22 | 感覚過敏

合わへ~ん!

時数統計というのがある。
毎日、何の教科の授業を何時間したかつけていって、年間時数が文部科学省で決められてる時数とちゃんと合うようにせんとあかん。
そういうの、毎日きちんきちんと学校のPCのエクセルに入力してから帰らはる人。
家で毎日入力して、それを1ヶ月ごとに学校のに移さはる人。
1週間ぐらいまとめて入力しゃはる人。
1ヶ月ぐらいまとめて入力しゃはる人。
そして、私のように隣のクラスの入力が終わってから、見せてもろてやる人。(^^;

すっぐ忘れてしまう私は、うっかり記録が抜けてることがようある。
それに、もちろん頭の記憶はもっと抜けてる。
ノートやら、プリントやら、月中行事予定表やら、いろんなものかき集めて、記録するけど、それでも自信はない。
というわけで、お隣のクラスのがとても参考になるというわけ。

今日は1学期つけたんを隣のクラスと合うてるか月ごとに確認してた。
ところが、全然違うねん。
各教科時数は多少違っても当然。
でも、総時数だけは同じはず。
それが、全然違うねん。
どこでどうずれてるか、解明するのに一体どれだけかかったことか。(>_<)
1日1日の記録と、それに対応した時数が表れるような関数の入った表。
すっごいこういう細かいもの見て、根気のいる作業は苦手。
そして、ついに理由が判明。
なんと、一部分、関数が抜け落ちてた。
ただの、2やったら、2という数字だけで、それは合計もされなければ、時間割とも対応してへん。
それをちまちまちまちま、1つ1つ確認して直していって、全部終わってきちんと隣のクラスと合わせられたのは、何時間後やったことか。
尤も、間違ってたんは、隣のクラスの表やってんけどね。
でも、やってみんとわからへんし、しょうがなかった。
まだまだエクセルがようわからへん私。
はあ。疲れた~。

そうそう、今日の水泳指導は家を出た時は雨やったけど、案の定通勤の途中から、道が乾いてて、結構ええお天気になりました。
それで、体の小さい子や細い子は寒そうやったけどね。
今日も、先に着替えさせてもらいました。(^_^)b

saki♪のへんてこ日記
saki♪のへんてこ物語
[PR]
by sakifoo | 2006-07-25 23:52 | 仕事

水泳指導。

朝から雨。
絶対、水泳教室は中止やと思っててん。
なので、ジーンズで出勤。
普段、水泳のある日はスカートで出かける。
鈍くさい私は、他の方のようにバスタオルを腰に巻いて上手にさっさと着替えがえきひんから。

が、学校に着いたら、予想に反して薄ら寒い曇り空やのに、水泳指導があるとのこと。
え~~~~~~~~~っ??!! 
えらいこっちゃ!
まあ一応水着は置いてたから入ることはできるねんけど、思ってたことと違うようになったんで、気持ちを切り替えるのがまず大変。(苦笑)

夏休みの水泳教室は、各学年の課題に達しなかった児童だけが対象。
各学年10人から20人までかな。
私は1年担当。
お天気が悪かったからか、連絡もないまま数人が欠席。
入った子の中でも、寒さに弱い子は、初めから最後までガタガタ震えて、結局途中で上がらせた。
ようわかるわ。
そんな状態やったら、元々水が怖い子やねんからよけい、かちんこちんに緊張して、浮くどころやないもん。

それでも、何人もが合格した。
やっぱり、少人数で多くの教師がつくとすごいなあ。
子ども等のえがおが、とってもかわいいし、うれしい。ヾ(´▽`*)

大人な上、背の高い方の私にとって、小プールというのはものすごい水が低い位置で、全く泳ぐなんてもんやない。
そやし1学期は1度も泳げへんかったなぁ。
ちょっと残念かも。

とはいえ、私は濡れたところを歩くことがほぼできひんから、本当にプール指導は大変。
つま先立ちでずうっといると、さすがに疲れてしまう。
足が攣りかけてしもた。

それに、着替えも大変。
職員の女子更衣室はとても狭い。
普段はせいぜい2、3人しか同時に着替えへんから、それでもええねんけど、今回は全職員やからとんでもないことに。
みなさんは、当然平気で濡れた足ですのこに乗って着替えはる。
私は不可能。
いったん、濡れてるすのこを自分のバスタオルでぬぐって自分の場所だけ濡れてないところに立っても、水はどんどんおそってくる。
濡れた体も触れあいそうになる。
もうどないもこないもならへん。

今日は、幸い、人より一足前に更衣室に入ることができた。
整理体操してくれたはる間に、先に行かせてもろてん。
そういうのも、ちょっとはできるようになった。エライ!(笑)
なもんで、3人ぐらいやったからまだましな方やった。
もし、出遅れたら、もうあきらめて、全員が着替えおわらはってから、一人でゆっくり着替えるしかないな。

それも、私はちょっとでも湿ってる体に下着も服も身につけることができひんから、また大変。
バスタオルは2枚用意してる。
その上、普通のタオルも2枚。
すのこ拭いたり、ちょっとでもかかった水をぬぐったり、いったん拭いた体をもう一度また乾いたバスタオルで拭き直して、ちょっとでも早く完全に乾かさんと服を着られへん。
普段は、2人しか担当教師が居てへんから、交代で着替えて子どもの指導に当たってるし、それらのことを必死で早くする。
まあ、一つ一つがそんな感じで、大変やねんわぁ。(苦笑)

明日も水泳指導。
今日合格した子はもう来いひんから、明日はもっと減る。
明日、また子ども等のうれしい笑顔が見られたらええなあ。
そうそう、それに、ええお天気になってくれ~!! ヾ(。`Д´。)ノ彡

saki♪のへんてこ日記
saki♪のへんてこ物語
[PR]
by sakifoo | 2006-07-24 23:52 | 感覚過敏

終業式。

終わった!
1学期が。
1年生担任ということで、なかなか大変な日々やった。
特に最初のうちは、何から何までこちらが段取りして、その中で指導していかんなん。
計画を立てられへん私としては、か~なり大変な日々やった。
出勤も、他の学年よりかなり早め。

それが、今では大分しっかりしてきて自分達でできることも増えてきた。
それでも、まあ、なかなか大変やったなぁ。

個人懇談のときに、私の言葉が足りなかったのか、逆にいらん言葉が多すぎたのか、とにかくあるお母さんがショックを受けられたとの情報を3日前耳にした。
今度はその事実に私も相当ショックを受け、落ち込んでいた。
私は何でも忘れてしまう。
つまり、その保護者の話されたことの一部はPCに残っていても、私の言葉とか、やりとりとか流れとかはわからへん。
必死で思い出そうと数日試みてる。
一体、私は何を言うて、どう傷つけてしまったんやろう。

まあ、他の方も入ってくれたはって、話を聞いてくれはることになってる。
私はその後やね。
またその保護者に会うて何とか、私なりの誠意を伝えられたら。
と、ここまでちょっと前向きに書いてるけど、相当落ち込んでるねん。

まあ、それは置いといて、とにかく終わったことは事実。
同僚とお昼して、午後は事務処理と、職員室の机回りの片づけの一部をして定時に帰る。
お疲れさんでした!
saki♪

saki♪のへんてこ日記
saki♪のへんてこ物語
[PR]
by sakifoo | 2006-07-21 00:10 | 仕事

終わった!

明日が終業式。
今日は最後の追い込み。
っていうても、子ども達は最後の給食の後、大掃除をして帰る。
給食では、カレーライスとゼリー。
うちのクラスは偏食が多く、少食の子も多い。
私が小学生の頃、とても少食で、偏食も多く給食にはものすごい苦労したんで、子ども達には強く食べるように指導はようせん。
特に、自閉の者は、味だけでなく匂い、温度、舌触りなど微妙な部分で食べられへんもんも多い。
そんなんを知ってるだけに、私に「給食を残さず食べましょう!」なんで指導は不可能。
それにしても、ほんとに食べへん子が多い。
今日の桃ゼリーはクラスの半数が手をつけへんかった。
あるクラスでは取り合いだとか?
この違いはなんぞや?(苦笑)

放課後、1学期最後の仕事の追い込み。
なんとか夏休みのしおり関係も全て印刷まで終える。
学級通信も、放課後の人数が減った時に、学校で完成させられる。
助かった!
家のプリンタはインク切れで、昨日四苦八苦しててん。
帰りに買うて帰るには、ある程度早めに学校を出なあかんかってんけど、8時すぎてしもたし、学校でできてほっとした。

いよいよ明日の終業式。
何とか無事迎えられそうでほっとしてる。
----------------------------

職員へのカミングアウトの件で、いろいろ専門家の方からアドバイスを受けてるところ。
それもあって、今日同僚と相談し、時期を遅らせる事を決めた。
当初の予定は7月28日やってんけど、1ヶ月延期。
理由はいろいろある。
また、その内に整理して書いてみられたら書きます。
最近、悩みに悩んでたから、ちょっとほっとした。
考える時間の猶予が増えたから。

saki♪のへんてこ物語
saki♪のへんてこ日記
[PR]
by sakifoo | 2006-07-20 00:27 | 仕事

・・・・・。

ショックなことがあった。
うまく書けへんから、今日はこれだけ。
[PR]
by sakifoo | 2006-07-19 00:34

あゆみ完成!

あゆみってわかるかなあ?
地域によって?学校によって呼び方が違うかも。
いわゆる、昔の通知票。

私の学校では、低学年は2段階評価。
各教科がもっと細かい項目(国語なら「人の話をきける」とか「ひらがなが正しく書ける」とか)に分かれてる。
別にクラスで何割がどちらとかって決められてるわけじゃない。
それでも、学期末は大変やねん。私には。
評価をするには、テストをせんなんし、テストをするには、その前に当然しっかり教えてわかるようにせんとあかん。
できるだけ多くの子どもに良い評価をあげようとすると、できるだけわからへんことがないように、熱心に教えたくなる。
が、今の学校は大変。
いろいろ帰り道も不審者など危険が増え、学年で一斉下校をさせなあかん。
昔のように、自由に残してお勉強を教えたり、遊んだり、図工の作品の残りを仕上げさせたり、生活指導をしたり、なんてことは一切できひんようになってしもた。
かといって、休み時間を取り上げるのはかわいそう。
となると、授業の中だけで教えて評価せんとあかんようになってしまう。
個人差が当然大きく、授業時間だけでは、とうてい足らんってタイプの子もいる。
切り捨てる割り切りが必要になってきてるけど、私のように鈍くさかったり、見通しがなかったりすると、なかなか大変やねん。

おっと、今日のことに話を戻そ。
一番の難関は、所見。
一人ひとりが1学期に頑張ったことを書く。
書く事を考えることも大変やけど、私に一番大変なのは、手書き文字。
ほんまに大変で、事前のプレッシャーもすごい。
去年の1学期は、字が汚すぎるっと校長から附箋を十数枚もつけられ、部分的に書き換えをさせられた。
そうなるとまた大変で。
全面書き換えの子は、あゆみすべてを作成しなおさんとアカン。
部分的に書き換えの子は、修正テープで修正して、その上からまた手書きで直す。
が、それがまたよけいぐちゃぐちゃになってしまう。
まず修正テープがずれて消せへん。
間違ってない字のところまでテープで消せてしまい、肝心な字の途中ぐらいでテープが切れる。
当然、またテープを上から重ねてやり直すんで、ぼこぼこになってしまう。
そこに字を書くんやから、当然字はぼこぼこに。
もとより、ひどい状態になることが多い。(→←)

私の字が書けへんのは、字自体がへたくそなんもあるけど、ものすごい時間をかけて一文字書いたらちょっとはましに書けるねんけど、次々書くとどんどん字が流れ、ますます止まらなくなる。
そういう手!(>_<)

まあ、そんなプレッシャーいっぱいで、何とか今日1日かけて所見手書きと、○印押しまでが終わり、あゆみ完成!
ほ~。
まあ、どれだけ差し戻しかわからんけど、とりあえずや~っとできたんで、かな~りほっとできた。
この1ヶ月ほど、ずうっとやらんなん、やらんなんって気が重かったからなあ。

うん、ようがんばった。
夜は、銀河高原ビールでお祝いしました。α(^▽^)
[PR]
by sakifoo | 2006-07-16 23:21 | 仕事

蓄熱?

私の体は、体温調節がとてもへたくそ。
まるで変温動物。

今の私のずうっと続いてる微熱は「蓄熱」されてるのかな?って思ったり。
この毎日の暑さ。
ちゃんと放熱されてくれへん。

まして、今日はプールの日。
1年生やから小プールで、こちらはせいぜい浸かっても足だけ。
暑さは溜まる一方。

お金が貯まったらうれしいけど、熱が溜まってもねえ・・・。
(^-^;)

しんどい日が続く。

----------------------------
今日学校で、とてもいやな気分になることがありました。
また、気持ちがまとまったら書きます。
[PR]
by sakifoo | 2006-07-13 01:05 | 体調